VTuberとして活動するのに事務所に所属それとも個人活動?これは悩む

自分の顔を出さずに、また声まで変えて動画作成と活動のできるVTuberは今人気です。

特に他の仕事をしていて、YouTubeでも動画をアップしたいけど顔出しは、と言う人にもVTuberになることでその問題を解決できます。

さてこのVTuber、事務所に入るのと個人で活動するのと、どちらが良いのでしょう。

今現在活動しているVTuberの場合

現在活動しているVTuberは、事務所所属と個人での活動に分かれます。

もちろんどちらを選ぶかは、当人の自由です。

まだこうした活動が一般的でなかった時には、パイオニアたちは個人で活動していました。

こう言ってはなんですが、収益にならなくては事務所を開くメリットは、会社側にもありません。

でもVTuberの多くが、多数の登録者を抱え、収益化で多くの収入を得ている現在では、事務所を構えて所属してもらうだけのメリットもあるわけです。

ではVTuber側はと言えば、事務所に所属することで特に初心者の場合、多くのフォローを受けることができます。

3Dキャラクターの、オリジナルキャラを用意してくれている事務所もあるのです。

初心者にはこれ、魅力的ですね。

断然事務所に所属したほうが、と思うのは当然ですが、それでもまだ個人活動で開始する人もいます。

また所属していた事務所を辞める、卒業するVTuberもいるのです。

個人活動もまた、当人にとって魅力的であることは確実なのです。

事務所所属することのメリットは

では実際に、VTuberでそうした事務所に所属することのメリットを見ていきましょう。

初心者には多くのフォローが

VTuberの場合、まず自分のキャラを作ることから始めなくてはなりません。

色々なツールもできているので、知識さえあればそれほどこれは難しいことではありません。

でも既製品は嫌だなとか、絵心もないのに1からキャラ作りは無理、と言う人もいますね。

キャラクターなどを用意してくれている事務所に入れば、こうした問題も解決できるわけです。

個人情報の保護に

オンライン上での活動ですが、人気が出てくれば昔ながらのファンレターを送りたいという人も出てきます。

プレゼントを贈ると言うファンも、少なくなくなってきます。

でもこうした時、自分の住所を公開するのは怖いですよね。

事務所に所属していれば、手紙もプレゼントもそちらに送ってもらうことができます。

公開したくないメールアドレスも、事務所当てにしてもらうのがおすすめです。

炎上などのトラブルのリスクの回避に

残念な事ですが、人気が出てくれば逆にそれに反発する人も出てきます。

炎上とかの問題も、実際に起きたことに対してではなく、煙もないのに火がつくこともあるのです。

こうしたことの回避や、起きてしまった時の対処方法も、事務所に所属していれば相談ができるのです。

デメリットも少し

デメリットと言うほどのこともないのですが、事務所に所属するにはオーディションを受けたりが必要です。

またすでに活動していることを条件に、求人している事務所もあるので、注意しておきたいですね。

加えて、これは普通のタレントもですが、事務所の色というものがあります。

うまく自分のスタイルと合っていれば良いのですが、そうでない場合ちょっと活動方向に悩むことがあるかもしれません。

個人活動のメリットは

では個人での活動のメリットはどうでしょう。

自分のやりたいように活動ができる

とにかく表現したいことがあって、訴えたいことがあってVTuber活動をする、収益とかは二の次という人には、個人活動がおすすめです。

事務所に所属するとどうしても、言葉は悪いですがある意味縛りも感じられてきます。

とにかくVTuber活動が好きで、自分のやりたいように動画制作をという人には、個人活動がおすすめですね。

周囲に振り回されずに済む

事務所に所属しているとどうしても、他のVTuberの動向が気になったり、ランキングが気になったりするものです。

そうしたことを感じたくない、そういったことに振り回されたくない人には、個人活動が向いていますね。

デメリットももちろん

個人情報の問題とか、炎上してしまった時の進退など、自分で全て決めなくてはなりません。

もちろん活動開始時点でのあれこれの準備も、全部自分でする必要があります。

結構手間がかかるのは、個人活動の醍醐味でもあり、面倒臭さでもあるのです。

どちらの利点も取り込んでしまえば

人気のVTuberになれたら、自分で事務所を作ってしまうというのが最もおすすめですね。

事務所というか、VTuber活動のための窓口です。

これがあれば、収益化がうまく行っている場合などの税金関係も、個人での申告よりもスムースに行きます。

また個人情報に関しても、全て事務所を窓口とすることで、安心感を得られます。

もちろんVTuberとしての活動も、自分の好きにできるわけです。

問題は、ここまで出来るVTuberになるには、相当の努力が必要だということですね。

まとめ

憧れのVTuberですが、個人活動で始めるのか事務所に所属するのかは、早めに決めておいたほうが良いでしょう。

オーディションなどの問題はあっても、安心感のある活動ができるのは、事務所所属です。

しかし自分のスタイルをあくまで貫き通したい場合、個人活動がおすすめなのです。

どちらを選ぶかもまた、自分次第なのです。